SDGsについて

スターハイヤー株式会社はSDGsに取り組んでいます

スターハイヤーSDG

~多様な勤務形態と選べる働き方~

スターハイヤーは様々な勤務形態がございます。
通常勤務は勿論の事、小さいお子様がいても働きやすいフレックス制度を導入し女性から高齢者まで働きやすい勤務形態を準備しております。
また、必要な資格の取得までの全面バックアップ、就業までの間の金銭的な補助を行うことで、様々な状況の方でも安心して仕事を始められるようにしております。

対応するSDGs ゴール・ターゲット

ターゲット8.8
移住労働者、特に女性の移住労働者や不安定な雇用状態にある労働者など、全ての労働者の権利を保護し、安全・安心な労働環境を促進する。

ターゲット10.2
2030年までに、年齢、性別、障害、人種、民族、出自、宗教、あるいは経済的地位その他の状況に関わりなく、全ての人々の能力強化及び社会的、経済的及び政治的な包含を促進する。

DiDiで配車

スターハイヤーは「DiDi」と言うスマートフォンアプリケーションからタクシーを呼ぶ事ができるサービスを導入しております。
お客様の現在地のGPS情報を直接配車センターに飛ばして頂くことで、その情報をもとに乗務員はお客様のところへお迎えに参ります。
IoTを利用したこのシステムにより効率的な配車、サービス提供が可能です。
また、「電話でタクシーを呼ぶ」というのが一般的でしたが、スマートフォン操作のみでタクシーが呼べる様になったことで、耳に障がいをもった方でも簡単にタクシーを呼ぶことが可能になりました。

タクシーは24時間走り続け、1日約200km、1年間で約70,000kmを1台が走ります。
排出する温室効果ガスも一般車両より多く、地球環境に与える影響も少なくはありません。
弊社が現在積極的に導入している「JPN TAXI」はLPGハイブリッド車両です。
LPG車は都市環境(NOx、CO)に優れ、CO2発生量(ガソリン車比約−10%)が少なく、出力もガソリン車に劣らず、その上CO2より怖いPM(浮遊粒子状物質)や黒煙もほとんど排出しない低公害車量です。

対応するSDGs ゴール・ターゲット

ターゲット7.a
2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究及び技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。